HOME

What's New(新着情報)

指名手配中の平田容疑者が出頭

2011年も終わりを迎えようかという時に、テレビを見ていると緊急ニュースのテロップが流れました。どういった話題だろうかと思って文字情報が流れていくのを目で追っていると、オウム真理教の元幹部である平田容疑者が突然警察に出頭してきたとのニュースでした。

平田容疑者については全国に指名手配して捜索が続けられていたのですが、どこに潜んでいるのか未だに見つかっていませんでした。その一方でオウム真理教の首謀者に関する裁判などは進められ、オウム真理教が引き起こした数々の事件もすでに終焉を迎えつつあるといった状況でした。

このタイミングでなぜ平田容疑者が出頭してきたのか大きな疑問が残りますが、裁判を引き伸ばすなどの思惑もあるのだろうとテレビでは言われており、もしそうならば賢い戦略を打ってきたようにも思えました。

しかし実際に平田容疑者に出頭してきたいきさつを聞いてみると、大震災を目の当たりにして自分のやっていることに虚しさを感じるようになったのだそうです。確かにあの大震災はとてつもないものでしたから、平田容疑者の心にも影響を与えたのでしょう。

こうして大きな進展を迎えた事件ですが、疑問が残る点もまだあります。それが、平田容疑者が出頭してきた時の警察の対応です。警察は平田容疑者の出頭に対して、いたずらだろうと判断してしまったそうです。もしかするとそのまま平田容疑者が再び潜伏してしまう可能性もあったことから、これは警察側の大きな失態といえるのではないかと憤りを感じました。

HOME